営業:平日8:30 - 17:30

tentoBAG一覧

お問い合わせ電話025−228−1010
2023年12月12日 up

テント生地から出来たtentoBAG
環境にやさしいアップサイクルバッグ

こんにちは!

テント愛日本一♪新潟市でテント製作から施工までワンストップで手がける

株式会社当世館(とうせいかん)です♪

 

私たちは日々、さまざまな環境でテントを製作・取付施工するお仕事に携わっています。

工場からイベント会場まで、多岐にわたる場所で役立つテントたち。

テントなどの屋根があるもの、カーテンやパーテーションなど間仕切りするもの、

テント生地でつくるオーダーメイド製品など、製品も様々なものが存在します!

今回は、色々な環境の中で生まれたtentoBAGについてのお話です。

 

●tentoBAGの成り立ちとアップサイクルのアイデア

様々な環境で役立つテント製品たち。

色々な素材や形状が存在し、また、オーダーメイドといえる特注サイズや特別な形状の

製品づくりをすることも少なくありません。なぜなら、テント生地は自由に裁断でき、

製作設計やその方法も自由に考えることができるからです。

そんな風に製作する工程の中で、どうしても存在してしまうのが、テント生地のカット(裁断)余剰です。

オリジナル製作や、決まったサイズの製作でも、

もともとの生地反物幅からして、ほんの10数センチ幅分が余ったり(細長い生地が残ってしまう)、

大きいテントを製作した際、反物の残りが1メートル程余ったり・・

そんな風に、様々な色・サイズの余り生地が出てくるのを、何か形にできないか?と

余剰生地の有効活用を模索し、捨てられるはずだったテント生地を再生する・・・、

そんな環境に優しいtentoBAGが誕生しました。

 

●テント製作に使われる生地の特徴

テントにも色々な種類があります!

主な生地の特徴はこちらです。

 

 ★綿帆布

綿や麻といった天然素材の厚手の生地です。かつて、風を受けて船を進ませる帆船の「帆」に

使われていたことから、「帆布」と呼ばれるようになりました。

耐久性や通気性に強いため、古くは帆やパラシュート、現在ではバッグやエプロン、カーテンなど

身の回りにあるさまざまな製品に使われています。

 

★ポリエステル帆布

短繊維ポリエステル織布に塩化ビニル(塩ビ)をコーティングした帆布です。

様々な用途で利用されている汎用性の高い帆布生地です。

・防水性 ・耐久性 ・防カビ性

などの特徴があり、長期的使用が可能な生地です。…

> 続きを読む “テント生地から出来たtentoBAG
環境にやさしいアップサイクルバッグ”

2023年12月07日 up

冬キャンペーンでプレゼント中!
「 tentoBAG」とは!?

こんにちは!

テント愛日本一♪新潟市でテント製作から施工までワンストップで手がける

株式会社当世館(とうせいかん)です♪

 

先日お知らせした、「冬のエネルギーコスト削減お手伝いキャンペーン」

ご好評につき、期間延長しております♪

今回は、キャンペーンでもれなくプレゼントしている

105周年記念✨特別バッグ「tentoBAG」についてご紹介しますね~!

 

●テント生地から生まれた…「tentoBAG」

皆さんは、テントというとどんなイメージでしょうか?

キャンプ、運動会・・色々ありますよね。

 

当社の取り扱う素材は、屋外で使う運動会のテントをはじめ、

お店のテント、大きい広場の大きいテント・・いわゆる膜構造建築物

のような重布製品がほとんどを占めています!

 

はじめは、大きな反物です!

これを1つの製品にするために、裁断し、縫製などの加工を施し、

施工取付を行うことで、屋外テントとしての製品が完成します。

そんななか、

製作上、どうしても発生するのが、テント生地の裁断時に出る

生地の端材です。

 

「丈夫で良い機能がついている生地なのに、

  捨てるのはもったいない・・・・!」

 

捨てずに役立てる方法を模索していた中、

社内での工作が生んだのが、2015年から製作を始めた『tentoBAG』です。

ロゴマークはこちら!

・テント屋さんの屋根

・tento(テント)の「t」

・手仕事の「て」

が表現されている、大切なロゴマークです♪

ちなみに!

本来、「テント」は英語表記だと「TENT」ですよね。

当社の「tento」はローマ字表記です!

今時なぜなのか!??

 

それはこちら↓…

> 続きを読む “冬キャンペーンでプレゼント中!
「 tentoBAG」とは!?”

キーワードで検索

Category